食費の節約

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



「うちは節約できてる?」気になる食費の平均
「節約したい費目は?」と質問すると、必ずと言っていいほど上位に挙がるのが「食費の節約」です。しかしよく聞いてみると「自分の家の食費は高い(だから節約したい)」と考えているのではなく、「食費なら、なんとなく節約できそう」と思っている場合が多いよう。また、「他の家庭の食費の平均と比べて、うちの食費は高いのか、節約できているのか」も気になる方が多いようです。

総務省統計局のデータ(2015年)からすると、食費の平均は以下の通り。

・1人暮らしの食費平均:月平均4万202円(外食1万1860円、酒類1917円を含む)
・2人以上の世帯(平均3.02人の世帯人数)の食費平均:月平均7万1844円(外食1万1986円、酒類3141円を含む)

この統計でいう「食費の平均」は外食と酒類が含まれていますが、外食と言っても、「家で作るのが面倒だから外で食べる」という外食なのか、交際費としての外食なのかによって、性質が変わってきます。



食費節約の準備:食費を正しく把握・管理する
食費を管理・節約しようと思うなら、いったん食費を性質ごとにわけて考える必要があります。

・主食(お米など)
・その他のご飯になる食材
・嗜好品としてのお菓子やお酒
・外食(作るのが面倒だったからという理由の外食)
・外食(お付き合いや家族の祝い事など避けられない外食)

一見、面倒なように見えるかもしれませんが、大きくこの5項目に分ければ、実際に食費が多くかかっている部分が浮かび上がってきて、どこを節約するべきなのか判断できます。

ただ闇雲に「食費を節約する」というだけでは、もやしばかり食べるなど、極端に偏った食材を買うようになったりすることも。お金を節約できても、その結果、健康に良くない生活を送るようになってはよくありません。



Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer