住居費

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

住居費は家計に占める割合が最も大きくなる支出です。

◆<家賃>
毎月の手取り収入の3割以上の家賃を払っている場合、負担が大きく貯蓄は難しいはずです。できるだけ、手取りの2割以内に収まるような家賃にし、浮いた1割は貯蓄したいものです。

引越しも想定し、敷金・礼金・引越費用といった引越に関わるコストを計算したうえで、同じような物件で家賃が2割以内で収まれば、引っ越すことで家計はぐっと楽になるでしょう。最近は敷金・礼金といった初期費用が無料の物件も多く存在しますので、それらを利用するのもひとつの手段です。

◆<住宅ローン>
低金利になり、多くの方が借換えを行いましたが、まだ借換えや見直しをしていない場合、見直すことで、住宅ローンの毎月の返済額を軽くすることができます。

しかし、借換えにはコストもかかりますので、まずは借入れしている金融機関に金利の引き下げができないか交渉してみることや、借換えすることでどの位のメリットがあるのかシミュレーションしてもらい数字でしっかり把握することが大切です。

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer