家賃と食費

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で





一人暮らしをしている社会人の生活費の平均額を見てみよう。

 費用の内訳としては、家賃・食費・電気ガス代・水道代・通信料金・交際費・そのほか消耗品などの雑費に大きく分けることができる。

 家賃については全国平均約65,000円で、都心のほうが高くなり、地方に行くほど安くなる。

 都心で一人暮らしするのであれば、家賃は平均70,000円程度。地方の場合は40,000円台で抑えることも可能である。

 しかし家賃が安いからといって、あまりにアクセスの悪いとことに住むのはおすすめできない。

 通勤のストレスや時間を考えて、住む場所を決めるべきである。

 また、福利厚生が充実している企業に勤めている場合には、社員寮や家賃補助といった住宅補助が充実している場合もあるだろう。

 福利厚生が充実している企業の場合は、一人暮らしの家賃を平均額よりも抑えることができる。





食費については、1日2回外食をしたとすると月50,000円ほどかかってしまう計算になる。

 自炊をすれば月30,000円弱に抑えることもできるが、自炊自体が時間や精神の負担になるので、自身の生活と相談しながら考えるべきである。





Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer